2017-07

Latest Entries

タービュランスな花嫁


パートナー用チャンプキューブスキルタービュランス
通年イベント、誘いの花嫁回に関する雑感だらだら記事です。

通年イベントは他の季節イベと一緒に書きたかったのですが
先月、イシス回の記事が後出しジャンケンっぽくなってしまって
書けない事がでてきてしまったので、今回は先に書ける記事と一緒にということで。。。



さてさて、利用可能な種族制限がということで、その対象があまりにも少なく
wikiに詳細が書かれる気配もなさそうなタービュランス
範囲スキルとして気になっていたので調べてみる事にしました。


誰に覚えさせるべきかはwikiを見るにロック鳥(ヘヴィ)しか選択肢にならないので
まずはチェンジタイミングでステータス違うのかも?ということで
試しに転生110までクエで育て上げた後に
ストライダーでパメラの処に行ってチェンジしてもらいました。

160619_001.png
160619_002.png

どちらもブラックタンの時と同じようにwikiと全く同じですね。
あの時と違うのはチェンジ担当NPCからもらえるキューブが



話しかけるだけで問答無用に何度も渡されるのではなく
2セット以上は選択肢も出てくると言う事。
まぁいつでも再入手が可能であることには変わりないので、今回は全部ゴミ箱へ。



さっそくタービュランスを覚えさせて範囲確認
160619_101.png
160619_102.png
☆がロック鳥のいる位置で、★が起点ターゲット。
ターゲットが真横にいるか、斜め方向にいるかで範囲が変わります。


160619_103.png
エフェクトはロック鳥の向いてる方向に出てますが
実際の当たり判定は、ロック鳥とターゲットの位置関係に依存。


160619_104.png
遠距離減衰あり、ダメージ分散はなし。


ステータスはSAストライダー込み
通常攻撃からクリティカル力が100%以上なのは確認済みの状態で(SS省略)
160619_105.png
160619_106.png
タービュランスの威力は、物理攻撃力300%というところみたいですね。
硬直発生率はそこそこ高く、発生すると3.3秒くらいデバフアイコンが表示されてました。




離れたところから撃ったり(接射と同様に、後方にも当たり判定は生じるもよう)
敵に近づき隣接して撃ったり、この辺の挙動がどうなっているのかはよく判りませんでした。

設置干渉に関してもいちおう確認してみたところ
対象が薬品投擲(攻撃)、スリップストラップ(壁)、リージョンビバーク(サークル)
どれの上にいても問題なく攻撃できてました。

これはなかなか使い勝手の好い優秀なスキルですねヽ(゚∀。)ノ
・・・と言いたいのですが、どうやらこのスキル
ディレイキャンセルでは短縮できないディレイが3秒くらいある
みたいです⊂⌒~⊃。 Д。)⊃

AI攻撃優先(物理スキルのみ)でタービュランスを同一ターゲットに対して連射させ
ダメージ表示が出る間隔
を計ってみると、パートナーディレイキャンセルの有無にかかわらず
ASPD540の状態だと約5.8秒、ASPD775にカンストさせると約4.9秒。
AI追従でゴーを使い、タービュランスのダメージ表示から
通常攻撃ダメージの出る間隔
を計ってみると、ASPDどちらの場合でも約3.3秒。
(誤差範囲にしかなってくれないだけで、通常攻撃連打なら差は出ます。)

威力も300%でしかないため、範囲殲滅力を期待するなら
スマッシュ連打してた方がマシなのでは?という気もしますし
硬直目当てに使うにしても、ディレイと硬直がほぼ一緒で
モーション含めるとこちらの方が動けない時間は長く、硬直発生率も100%ではないので
硬直ばらまきたくなる集団相手に使うには、隙ができてしまいそうな・・・
まぁ、自分みたいに1PCソロでなければ1パートナーに頼りきる事もないので
PT組んでたり、タンクで複数パートナーの内の1体としてならありなのかも?



おまけ
パートナースキルと言えば
アサルトの防御力ダウン効果を打ち消すために


ディフェンスバーストもセットで使っているのですが


それでも2秒(パートナーにDCをかけていれば1秒)くらい
ダウン状態になってしまうんですよね。しかし、、、


ディフェンスバーストがアサルトで打ち消されるようにすれば
ダウン状態が発生することはないわけでヽ(゚∀。)ノ
アサルトを使うようになってから約2年という処なんですが
今更ながらにようやく、このことに気が付きました(ノ∀`)



ここから先は誘いの花嫁に関するネタバレ雑感なので未プレイの方はご注意を。


























160619_201.png
160619_202.png
いやはや、今回のイザナミさんは暴走ぶりも変態ぶりもスゴイことになってましたねヽ(゚∀。)ノ
こういうキャラは大好きですw


160619_203.png
この辺りは元ネタ反映していかにもという感じですが
(古事記のとっつきやすいサイト:古事記を現代語訳っていうかラノベ風にしてみた
ECOのイザナミさんは、どこらへんまでが元ネタと同じ設定なんでしょうね?
和服なのに全身タイツだったりするのも、もしかして、もしかしてなのでしょうか・・・


160619_204.png
泰然自若としているせいか、はたまた暴走気味なせいか
(矛盾した表現になってしまいますが、まぁそこはw)
いまひとつ性格というか、他人をどういう風に見ている人なのか掴みにくいのですが


160619_205.png
イベント後のこういう会話からすると、普通に誠実な人なんですよね、きっと
・・・恋路に暴走さえしてなければですがw
素体を貰ったからといって、約束もしてないのに一方的に束縛されて
プレイヤーキャラから引き離されてしまう事態になるのは
(タイ兄さん達に引き離す意図はなくとも、話の流れではそういう風にも受け取れてしまう)
了承できなくて当然なわけですし


160619_206.png
窘められてしまうことにはなりましたが、
これだって率先して次元断層の処理に動いていたわけですしね。


160619_207.png
イベント後の会話と言えば、話しかける時はこの位置がベスト。


160619_208.png
ジャストミ~ト~~ヽ(゚∀。)ノ
これまでの神魔も報酬装備の有無で変化するのかな?と思って確認したのですが
イザナミさんだけの特別仕様なんですねw




160619_301.png
クリムゾンバウに続いて、この子もまたアルマらしからぬ常識人。
まぁ、一期アルマでも人間社会にいなかったはずの受付嬢がああいうキャラだったので
アルマ成り立て=人として未成熟という事ではないのかもしれませんね。


160619_302.png
この辺はまぁ常識からズレてしまってますが・・・
まぁドリルだからしょうがないですよねw
最初、ローディング画面でフォックスロットB3が
頭の上からサソリのようにドリルを使ってる様を見た時は
いまひとつ好みではなかったのですが


160619_303.png
これはいいドリル・・・
うん、やはりドリルとはこうあるべきだと思うのですよヽ(゚∀。)ノ


160619_304.png
ちょっと気になったのは、ココは喜んではイケナイ処だと思いマスヨ?
悪人の存在を喜ぶヒーロー的というか・・・・


160619_305.png
一方で、軽口たたきつつも真面目に心配するタイ兄さん。
傍若無人でずぼらだったりいいかげんなところもあるキャラですが
個人的にはけっこう信用してたりしますw
ヘイトを集めるようなキャラに仕立て上げられていて
人材発掘編の最終イベントも酷い事にはなってましたが・・・
あれを修理する場面ではつきっきりでしたよね、たしか?
クールなのは口先だけで、本当にそうであれば
その場を去ってしまい、後々結果だけ見聞きするんじゃないかなぁと・・・





とうとうオリヴィアの口からこんな台詞がw
人外や元人間にはものすごくモテますよね、というか女殺しですよね。。。



このやりとりもECO的にはイザナミさんの方が正論でしょうw
プレイヤー層的な理由や、男同士だと生々しくなってしまうといった理由からなのか
プレイヤーキャラが♀の場合、同性からは言い寄られても
異性から恋愛感情を持たれる事ってなかったですよね・・・?w
ドガちゃんも生物学的には♂でも、心は乙女なオネエですし。
とまぁギャグ的な話はともかく、、、


160619_403.png
まるで次元断層を見た事あるみたいな言い方ですね?
レーダー開発段階で現物を見たのかもしれませんし
あるいはそこまで開発的意図のあるテキストではなかったりもするのかもしれませんが


160619_404.png
おかしいと言えば、最初のこの自己紹介もおかしいんですよね。。。



去年出てきた凡才冒険者のネーアさんはレンジャー止まりだったわけですが
冒険者の端くれでほぼ一般人のマリオネスト見習いって、どういう存在なんでしょう?
冒険者の一次職としてマリオネストになるコースでもあるんでしょうかね?
勘ぐりすぎなのかもしれませんが、はてさて。。。




おまけ
160619_501.png
今回、アスモデウスはテキスト上のみの出番なのかと思っていたのですが
ブログ書くにあたってSSを見直していたら、きちんと画面にも出ていたんですねw


関連記事

テーマ:エミルクロニクルオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

狐な観葉植物

Author:狐な観葉植物
2013年12月
別MMOからECOに移住した
1PC基本ソロのナマモノ

(C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
このページ内におけるECOから転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

 

最新記事

カテゴリ

ランキング投票用

GBRのに参加してます

エミル・クロニクル・オンライン・攻略ブログ

 

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR