2017-11

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハートフルバレンタイン


前回記事の前置きでちょこっと触れた通り
今更ながらのバレンタインイベントに関する記事です。


今年はもうとくに欲しい物がなかったので
季節イベは思い出星対策としてキサラギイベントだけでいいやと思っていたのですが


4コマで何度か名前を出してるノーズ様

やはりバレンタインにはこれが欠かせませんよね。
今年もうたかたのラブロマンスを楽しむために
あえてキューピットにうたれちゃいました(*ノ▽ノ)キャー

というわけではなく

この一連のイベントをこなしてもらえるハートフルボゥ。
ジョーカーのいない環境でホークアイを育てるのに
ものすごく頼りになるんですよね。
金策的には不真面目な露店の品揃えを増やしたかった処だったので
これを量産しようと思い立ち、必要なバレンタインの実を

キサラギイベントで使うぶんも込みですが
がんばってこれだけ集めました。
ガラス瓶の方は釣り倉庫にたっぷりあるので集める必要なく
あとは消化してくのみだったんですが・・・
始めるのが遅すぎたせいで、2キャラぶんしか消化できませんでした。・゚・(ノ∀`)・゚・。


あと、イベント品目当てというわけではなく
去年のオフラインイベントでメインストーリのリファイン発表があった事を思い出し
来年以降はエミル君達のバレンタインイベントにも変化が起きてしまうかもしれないので
一通りSSを撮っておこうと思って、パシャパシャしながらやりなおしてました。



160302_102.png
ネコマタイベントやメインストーリーの所々で、自己嫌悪に陥ってる姿を見せるマーシャ。
これくらいなら、まぁかわいげがあるなぁ程度で済むわけですが


ティタのチョコケーキイベント
160302_103.png
このシーンを引き立たせるためなんでしょうかね?

160302_104.png
160302_105.png
このイベントを初めてやった時は、正直ちょっと引きました。。。
マーシャが看板ヒロインの1人ではなく、嫌われ者ポジションならわかるんですが
身を挺してエミルを救った仲間を忘れさせて、恋人の座に着こうとするって(ノ∀`)


不思議な毛糸玉と手編みのセーターイベント
160302_106.png
ドロドロ~・・・⊂⌒~⊃。Д。)⊃
今回、季節イベが変わるかも?と思ったのは
リファインついでにこの辺も修正入っておかしくなさそうだなぁ
と思ったからです。もうちょっとアクのない親しみやすいキャラにするというか・・・・
まぁ今更キャラクター性の変更なんて行わず、
来年以降はグラフィックを入れ替えるだけの可能性も充分ありえるわけですが・・・う~ん。。。


ドロドロ的なものだけでなくタイタスも・・・

エミル君にチョコを渡した時は、いつも通りの反応なわけですが



160302_204.png
あ、あれ?エミル君以外に対しても普段からそんな紳士じゃなかったよねヽ(゚∀。)ノ
と言いたくなってしまうこの変貌ぶりもあやしい処ですw



この台詞もエミル君が鬼畜王言われてしまう原因の一つだったんじゃないでしょうか・・・w



ベリアルどころかタイタス相手ですら大丈夫だろうと言ってくるルクスですら


エミル君に関してはこの有様。。。
ハートフルを標榜するゲームの看板キャラ達がどうしてこんな風になってしまったのかw
メインストーリーのリファインは初夏以降の予定だそうですが
どうなるのかなぁ・・・
関連記事

テーマ:エミルクロニクルオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

狐な観葉植物

Author:狐な観葉植物
2013年12月
別MMOからECOに移住した
1PC基本ソロのナマモノ

(C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
このページ内におけるECOから転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

 

最新記事

カテゴリ

ランキング投票用

GBRのに参加してます

エミル・クロニクル・オンライン・攻略ブログ

 

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。