2017-04

Latest Entries

お年玉ちょうだい


さすがに武器を忘れちゃいけないと思いますw

お正月イベント期間中の季節イベや通年イベの雑感だらだら記事です。


◆ムツキイベント
170123_001.png
去年の2月、キサラギイベントに驚かされた事から始まった
挨拶会話のページ数チェックも今回でようやくラスト。ということで


170123_002.png
7ページヽ(゚∀。)ノ
個性の強い守護魔達の中で、この簡素ぶりは逆に目立ってる気もしますね。
まぁ挨拶が簡潔でも、イベント内容は十二ヶ月の中でも屈指の面倒くささなんですが(ノ∀`)

内容は去年の記事を参照ということで
今年は2キャラ目以降、余った気合いのカスリを持たせて
先に北平原でドロップ品を集めてから、イベントを開始するようにしてました。
そしてほとんどのキャラがムツキの落とし物を3つ揃える前に
モンスタースタンプを入手してしまうくらいの悪戦苦闘ぶりだったのですが



一番酷いキャラはスタンプ4つも入手してました⊂⌒~⊃。 Д。)⊃
通常プルル、クローラー、アーチンはドロップ品をきちんと確認してなかったので
見落としてたドロップ品も多かったくらいなんですけど、それでもこの有様w




◆今年は酉年
170123_101.png
今年も各アカウント1キャラずつ、インスマウス神社巡りをして


170123_102.png
ダチョウスーツ干支スーツ(とり)を入手。
え~・・・どうしてこうなってしまったんでしょうか?
こういうネタ方向に全力投球な姿勢は大好きですヽ(゚∀。)ノ
まぁ、さすがにここまで来ると着るのが恥ずかしいですけどねw
・・・今はまだ無理ですが○○強化成功率上昇Lv5のイリスが揃ったら
強化祭り期間中に、こういうスーツとかで憑依落ちしたいものです、ええw



また、ムツキイベントやデイリークエストをこなす際に鏡餅新春インスマウスも叩き


平原にいる見習いエレメンタラーに交換してもらって


アップタウンの行商人と交換もして
トリ守りの札などもこれだけ入手しておきました。



こちらは干支スーツと違って、正統派の可愛さ。
SSだといまいちわかりませんが、よちよち歩きのモーションが可愛くて実にいい感じです。
通常マリオネット版があれば、ハーヴェスト用に是非とも欲しい処ヽ(゚∀。)ノ
wikiによれば、アップタウンでの交換に必要な破魔矢
マーチャント系列ならウェストフォートで購入可能とあったのですが
ドミニオン世界へのフラグが立ってる商人キャラが1人もいなく
いちいち交換作業するのも面倒だったので量産は諦めました(ノ∀`)




◆お年玉くじ
170123_301.png
当選発表があったのは正月イベントが終わってからの事ですが
今年は26キャラ中2キャラが7等当選でした。
え?メールボックスが寂しい?キノセイデスヨ。。。



イベントページを見た時は、染色かチェンジ機能で言葉を変えるのかなと思っていたんですが
いざ交換機から取り出してみたら、独立したアイテムでした。


170123_303.png
専用スキルを使うと詠唱が始まり、この時も特殊ポーズをとり


170123_304.png
詠唱が終わるとバサっと開封して、このポーズで留まり続けます。
今度の年越しはこれでキマリですねヽ(゚∀。)ノ
・・・というか毎年思うわけですが、お正月終わってから
正月用アイテムを配布するのはどうなんでしょう?w



シーズン終わってからと言えば、こちらの回収も正月イベント期間中に済ませておきました。
今年度の思い出星イベントは強化結晶が10個セットだったので
こちらももしかしたら・・・と淡い期待をしていたのですが従来通りでした(ノ∀`)




◆星を守る者【始まりの火】
今年の通年イベントは常設廃止で毎月入れ替えとのことで
最初は色々と残念に思っていたりもしたのですが
よくよく考えてみると、しょうがない話でもあったんですよね。

去年の形式だと、毎月1話ずつプレイしてないキャラは
後になればなる程、最新話をプレイするのが億劫になってしまいます。
自分も実際、去年マーチャントを育てる際に
ウィークリークエストをやりたかったものの、それが原因で避けてしまっていました。
また新規の方だと、通年イベントは極力順番通りにプレイしていった方がいいので
今だとロアから神魔まで4年分も先にすることとなり
なかなか最新話には手が出しにくいと思います。そうなると
該当くじ販売期間までに最新話をプレイして貰えないというわけで
通年イベントはくじ販促でもあるので、問題大ありだったわけですねw

また常設だと季節にちなんだネタが使えないので
その辺に関しても苦労されてたのかもしれませんね。

とはいえ、本当にその月限りにしてしまうと、また従来のように
後発組はシナリオを追えないという問題が発生してしまうので
来年あたりには常設となるんじゃないかと思いますが、はてさて・・・


170123_401.png
今年のお題は御都合主義の塊と化してしまっている想いの力について
そもそも『想い』と言っても、綺麗なモノだけではなく
欲望渦巻くどす黒いモノだってあるわけですから、色々と起きていそうですよね。
・・・というか、欲望とかが原因ではなかったにしても
書架イベントの時点で、惨事になりかねない状況だったような。。。


170123_402.png
そしてまさかの世代交代Σヽ(゚∀。)ノ
お、奥さん、引退するにはまだ早過ぎやしませんかね?w
去年は通年報酬の見当つくのが遅かったのですが
今年は逆に、初っ端から出て来ちゃいましたね。


また、面白い試みだなぁと思ったのが

おかしな選択肢を選んでしまうと・・・

170123_502.png
170123_503.png
バッドエンドへと辿り着き

170123_504.png
強制リセットとなり、少し手前からやりなおし。
アドベンチャーゲームでは当たり前のように行われてる手法ですが
キャラの色んな面が見られて、いい感じですね。
今回はシャルが可哀想な事になってしまいましたが
今後は鬱展開以外のコミカルな展開なども期待したいですw


さてさて
170123_601.png
シナリオライターさんのヘイトを集めようという思惑があからさまなキャラが
ゲストとして出てきたわけですが・・・
個人的にはあまり不快には思いませんでした。


170123_602.png
力に酔ってる感は否定しようもありませんが
1PCソロでグラディエイターを育てた事がある身としては
ジリオンを使えるようになって、ようやく世界が変わる
というのがよ~~~く解るわけでして
浮かれてしまうのもしょうがないかなぁとも思ってしまうわけですw
毎日ダンジョンのある今の環境だと、神速斬り一発で倒せてしまう格下mobとの戦いも多いので
Job45になった時点で、けっこう開けた感じなのかもしれませんけどね。


170123_603.png
また、なんだかんだできちんと他人の意見を伺い尊重もしています


170123_604.png
認めるところは素直に認めてもいます。
こういうキャラはあれですよ・・・後半で仲間に捨て駒として利用され
けっきょくプレイヤーキャラと友情が芽生えてしまう展開にもなりそうですよねw

まぁ、なんというかですね・・・
本当は現実主義の非情なキャラのつもりだったのかもしれませんが


170123_605.png

この流れが不自然すぎて、コドーはなんて酷いやつなんだとか思うよりも
シナリオライターの思惑の方に目がいってしまう感じでした。


170123_607.png
背後を見せてるモンスターというのは、シャル達に感づいてしまったモンスターなわけで
最優先で迅速になんとかしなければいけない状況です。
シャル達を囮にして狙撃しようとか
シャル達に群がらせて、範囲魔法で一網打尽にしようとか
そういう手段をとろうとしてたなら、話の流れを理解できます。
しかしコドーのやろうとしている事は、モンスターの注意を確実に自分達に向ける方法であって
シャル達を見殺しにして、シャル達を狙うモンスターを倒す方法ではないですよね???
既にモンスターがシャル達に感づいてしまってる以上
それまで通り離れたところから刺激して注意を引こうとするのは
それこそシャル達に向かってしまいかねない危険な方法だと思うのですが
自分の考え方がズレてるんでしょうかね・・・う~ん。。。




おまけ

今回のイベントでは、装備武器にかかわらず殴りモーションになっていました。
まぁECO的に銃は発砲するより鈍器として扱う方が正しいかもしれませんがw



そこで、殴りモーションがとれない武器だとどうなんだろう?
名状しがたいぬいぐるみ装備で行ってみた処


170123_703.png
さすがに、こちらは武器依存のモーションになってました。
てっきり装備武器が剥がれたりするのかなぁと予想してたのですがw




おまけ2
170123_801.png
Q:何をすればよいですか?
A:隣の人をなんとかしてくださいw


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

狐な観葉植物

Author:狐な観葉植物
2013年12月
別MMOからECOに移住した
1PC基本ソロのナマモノ

(C) BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
このページ内におけるECOから転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、株式会社ブロッコリーとガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社および株式会社ヘッドロックに帰属します。
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

 

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

 

QR